クラウドファンディング始めました!仕組みや始め方を解説

どうも、りくちゃんずです

タイトルにもある通り僕たち(といっても僕たちの運営している団体)はクラウドファンディングをはじめました!


クラウドファンディングというと、ただ単純に他人からお金を集めるといったイメージがあるかもしれませんが

実際は、プロジェクトの内容から期間、金額、リターンといった様々な要素があり

プロジェクトの内容次第では自分たちだけでは集めることのできないような金額の支援を受けることができるという非常に面白いサービスです


なので今回はサービスとして利用させていただいている

『CAMPFIRE(キャンプファイアー)』というクラウドファンディングのプラットフォームの紹介と共に

「クラウドファンディングってどうやるの? 」

「どんな人がクラウドファンディングをやっているの?」

といった疑問を解決していこうと思います!

 
Riku
クラウドファンディングは、
お金を集める人にも出資する人にも面白いサービスです!
 
Yuumi
名前を聞いたことがある人は多いはず!

では早速いってみましょう

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとは

クラウドファンディング(crowdfunding)とは群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語で、インターネットを通して自分の活動や夢を発信することで、想いに共感した人や活動を応援したいと思ってくれる人から資金を募るしくみです。途上国支援や商品開発、自伝本の制作など幅広いプロジェクトが実施されています。

READYFOR.jp

という言葉に表されるとおり

クラウドファンディングはインターネットを通して、誰でも資金の調達できる仕組みであることが分かります


実際にクラウドファンディングには様々なプロジェクトが存在し

個人や団体に応じてその理念やプロジェクトの内容などを外部へ提示していくことになります



そこに共感した第三者がお金を資金として出資してくれるといった仕組みです


この第三者というのは全くしらない人という場合もあれば、ある程度知り合いでも出資することができます



このお金を出資する側の人を一般的に「パトロン」と呼び

出資を行う際、匿名で行うこともできるので、パトロンはあつまりやすい傾向にあります


いっぽうで、出資することも簡単に行えるため一人のパトロンにつき多額の出資を求めることはあまり期待できません


なのでクラウドファンディングの原則として、少額のパトロンをたくさん集めることに重きを置いた資金集めのサービスと捉えると良いと思います


実際の出資金額は100円~とかで行えるものもあるので

私たち学生でも気持ち程度に出資することも可能です!

 
Riku
出資する手軽さがお金が集まる魅力の一つです!



しかし、自らのHPなどでクラウドファンディングを行うことは正直言って不可能です

なので通常はクラウドファンディングを行う際はプラットフォームを利用する必要があります

ということで今回は

クラウドファンディングのプラットフォームとして国内最大であり、

私たちの団体も利用している『CAMPFIRE(キャンプファイアー)』について

以下では紹介していきたいと思います!





CAMPFIRE(キャンプファイアー)

CAMPFIRE(キャンプファイアー)とは先述したクラウドファンディングを

いざ行うとなった際に誰でも利用することができるクラウドファンディングのプラットフォームです

特徴としては

  • クラウドファンディングのプラットフォームとして国内最大であること
  • 毎月600件以上のプロジェクトが始動中
  • フード・音楽・アニメ・美容・出版・文化などなど幅広いジャンルのプロジェクトが掲載
  • 大企業から個人まで幅広い層のユーザーが利用

といったことが挙げられます

しかしこれだけではイメージしづらいので実際のプロジェクトがどのように掲載されているか紹介していきたいと思います

プロジェクト例

①日本台湾学生会議

引用:CAMPFIRE/日本台湾学生会議

こちらは僕たちが運営する団体のクラウドファンディングページになります

各プロジェクトの内容を事細かに記載してあるプロジェクト本文ページや

出資した際のパトロンへのリターンなどが書かれたページ

その他公開のコメントが寄せられていれば誰でも閲覧し出資するか否かを吟味することができます

引用:CAMPFIRE/日本台湾学生会議


実際に出資を行った際のリターンはそのプロジェクトごとに異なり、

ユニークなものから

プロジェクトの成果物をパトロンに還元するといったリターンもあります


私たちの場合は500円から支援を受け付けており、

成果物や支援者として名前を記載する等のリターンの他、

金額が上がるにつれて台湾の絶景ポストカードや写真集、大会の観覧権などをリターンとして提供しています


気になる方はぜひ見てみてください↓

※決して強制するものではないので、プロジェクトに共感していただけたら支援のほどお願いします!


またプロジェクトの種類は様々で

②フランス料理を学びたい11歳

引用:CAMPFIRE/KeitaFrance

このように個人で目標をたてて

それを実現するためにお金を集めるという人たちもいます


こちらの方は小学生ながらフランスに行き本場のフランス料理を学んでくるという大きな目標に向かって

クラウドファンディングをしています


とても支援したくなりますね


また企業や組織立ててクラウドファンディングを行っている場合も多く

③デザインツールを開発

引用:CAMPFIRE/bookslope

このような何かを作るために大々的に資金を調達するといったことを行っています

少し株式投資に近いかもしれませんね


こういったプロジェクトの多くはリターンにプロジェクト遂行後の成果物が含まれています


自分の共感する物やサービスがあれば支援してみるのもいいかもしれません


始め方

実際にプロジェクトをはじめるとなると

まずキャンプファイアー等のクラウドファンディングのプラットフォームへの登録が必要になります



登録を完了していき 投稿するプロジェクトの概要を決めたら、

一度プロジェクトを審査に出します


そうすると、プロジェクトごとにキャンプファイアーの方々が

どのようにしたらより協賛が集まりやすいか

制度に違反していないか等

アドバイザーとしてついてくれるので、そこから先はプロジェクトを修正してまた提出しての繰り返しになります


アドバイザーの方から許可が下りると晴れてプロジェクトが投稿できるようになり

支援がスタートするという流れになります

細かいことは親身になってアドバイザーの方が相談に乗って下さるので初めてでもあまり心配しなくても良いと思います

興味がある方はぜひ登録してみてください





まとめ

以上、今回はクラウドファンディングについてやその仕組み始め方について解説していきました

クラウドファンディング人々の夢を支援する素敵な制度であると共に

支援された側はそれに見合うリターンを提供しなくてはいけないため責任感も伴います


両者を支える素晴らしい制度だと個人的には思うので

みなさんもぜひ一度見てみてください

きっと興味・関心のあるプロジェクトがありますよ


ではでは

りくちゃんず

最新情報はこちら!